私は何のアレルギー?1度検査でわかります|アレルギー性鼻炎|たなかがく内科クリニック

新小岩駅 北口より徒歩10分

tel. 03-3696-3333
  • 03-3696-3333

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎とは

アレルゲン(アレルギーの原因物質)を吸入することで、抗原と抗体が鼻の粘膜で反応し、鼻症状を起こす疾患を言います。
風邪のような症状がみられますが、風邪とは異なり、喉の痛みや熱などは伴いません。

アレルギー性鼻炎は通年性アレルギーとも呼ばれ、発症の原因は主にハウスダスト(家の埃やダニの糞・死骸など)です。
そのほか、ペットの毛やフケ、カビも原因となります。

なお、スギ花粉やヒノキ花粉などが原因となる花粉症もアレルギー性鼻炎の一種ですが、原因となる花粉は季節が限定されるので、季節性アレルギーとも言われます。

アレルギー性鼻炎は、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの症状があり、この3つが3大症状になります。
こうした症状を軽くするには、とにかくアレルゲンにできるだけさらされないように工夫することが大切です。
その上で、抗アレルギー薬の内服や点鼻薬で症状を抑えていきます。

当院では、スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法を行っています。
舌下免疫療法とはアレルギーの原因であるアレルゲンを少量から投与することで、体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法(減感作療法)の一つです。
毎年、スギ花粉症にお悩みで今までの治療では効果が上がらなかった方や、ダニによるアレルギー性鼻炎の症状でお悩みの方はご相談ください。
※舌下免疫療法は、指定認可を受けた医師のみが実施できます。当院院長はこの認可を受けております。
※治療は保険適用です。

View アレルギー 39

1度の簡単な採血で39種類のアレルギーの原因を調べられる検査で、アレルギー性疾患の主要な原因アレルゲンの項目が入っています。

検査できるアレルゲン
吸入系抗原
室内塵 ヤケヒョウヒダニ
ハウスダスト1
動物 ネコ皮屑
イヌ皮屑
昆虫 ゴキブリ
樹木 スギ
ヒノキ
ハンノキ(属)
シラカンバ(属)
草本類 カモガヤ
オオアワガエリ
ブタクサ
ヨモギ
空中真菌 アルテルナリア
アスペルギルス
真菌その他 カンジダ
マラセチア(属)
ラテックス
食餌系抗原
卵白
オボムコイド
牛乳 ミルク
小麦 小麦
豆、穀、種実類 大豆
ソバ
ピーナッツ
ゴマ
甲殻類 エビ
カニ
果物 キウイ
リンゴ
バナナ
魚・肉類 鶏肉
牛肉
豚肉
マグロ
サケ
サバ

CLINIC INFOクリニック概要

クリニック概要

内科、呼吸器内科、アレルギー科

たなかがく内科クリニック

住所:東京都葛飾区東新小岩6-2-4
TEL:03-3696-3333

最寄り駅:JR総武線 新小岩駅 徒歩約10分 京成タウンバス
【新小58】「上平井中学校」バス停より徒歩約3分
【新小53】「東須磨橋」バス停より徒歩約4分

新小岩駅、バス停からのアクセス方法はこちら
アクセスマップ
日・祝
9:00~12:30
15:00~18:30

受付時間【午前】8:45~【午後】14:45~
休診…水曜午後・土曜午後・日曜・祝日