花粉症|葛飾区新小岩の内科・呼吸器科|たなかがく内科クリニック

新小岩駅 北口より徒歩10分

tel. 03-3696-3333
  • 03-3696-3333

花粉症

花粉症とは

春だけではない、花粉の飛散

毎年、花粉症の発症は九州では2月下旬、中国から関東南部では3月上旬、関東北部では3月中旬、東北地方では3月下旬頃にピークを迎えます。

しかし炎症を引き起こす花粉はスギだけでなく、ヒノキ、ブタクサなど様々存在し、春だけではなく通年花粉は飛散していると言えます。


花粉の飛び始め時期の目安
花粉の飛び始め時期の目安


杉の花

日本人の25%(※)ほどが花粉症といわれ、マスクや眼鏡を手放せない方が増えるシーズンです。


しっかりと花粉症の予防策を講じるとともに、早めに治療を開始することで重症化を防ぎ、つらいこのシーズンを乗り切ることができます。

(※)鼻アレルギーの全国疫学調査 2008(1998 年との比較)耳鼻咽喉科医およびその家族を対象として(馬場廣太郎氏 他)

そもそも花粉症とは

花粉症の原因は、私たちの体を守る免疫機能が異物である「花粉」に対して、過剰に体外に排出しようと反応することで引き起こされます。

つまり、花粉症の症状でよくみられる、くしゃみや鼻水は、体内に侵入した異物を体の外に早く排除しようとする生体反応なのです。

花粉症では花粉の刺激によって体内にあるヒスタミンなどの炎症物質が放出し、神経などにあるヒスタミン受容体と結合することによって、くしゃみや鼻水といったアレルギー症状が引き起こされます。

花粉症の症状を知ろう

花粉症になると、上述の通り体内に入ってきた異物である花粉を取り除くため下記の症状が起こります。


花粉症の症状
花粉症の症状
  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 涙目
  • 目のかゆみ
  • 肌がかゆくなる、赤くなる
  • 体がだるい
  • 熱っぽい
  • ボーっとする
  • 喉が痛い
  • イライラする

花粉症の症状は実に様々といえます。

花粉症の治療は早めが肝心

花粉の飛散が始まり、1~2週間もの間、花粉を体内に取り込み続けると、のど・鼻の粘膜では炎症が起こります。

症状が重症化してから花粉症の治療を開始したのでは、その重度化した炎症が回復するまでにどうしても時間がかかります。

そこで花粉が飛散する前から治療を始めて症状の進行を防ぐ、いわゆる「早めの花粉症治療」が効果的といわれています。 つまり症状のない(少ない)早い段階から花粉症治療を開始し、重症化を防ぐというものです。

初期療法

初期療法で期待できること
  • 症状の出現を遅らせること。
  • 飛散量の多い時期の症状を軽くすること。

花粉症の治療

ここでは花粉症治療として主に処方される3つのお薬と、新しい治療法「舌下免疫療法」についてご説明します。


内服薬
花粉の飛散が始まる(症状の出る)前から飲み始めます。
症状が出てから薬を飲み始めるのに比べ、症状が軽く済むことが多いというデータがあります。
とくに鼻みず、くしゃみが強いタイプの人には効果的です。
当院では眠くならず、効果の高い新しい薬もお出ししています。
点鼻薬
花粉症治療の効果が強く、副作用が少ないため、鼻づまりが強い人には、内服薬に加えて点鼻薬を併用します。
点眼薬
花粉症の4大お悩み症状に「目のかゆみ」や「充血」があります。
当院では患者様の目の症状に合わせた点眼薬の処方も行います。
舌下免疫療法
当院では、スギ花粉症に対する舌下免疫療法を行っています。
舌下免疫療法とはアレルギーの原因であるアレルゲンを少量から投与することで、体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法(減感作療法)の一つです。
毎年、スギ花粉症にお悩みの方はご相談ください。
※舌下免疫療法は、指定認可を受けた医師のみが実施できます。当院院長はこの認可を受けております。
※治療は保険適用です。

新しい花粉症治療(舌下免疫療法)

花粉症の治療は上述のようにお薬による治療が中心となります。 しかしながら当該治療は対症療法のため一時的に症状が消えたり、または軽減したとしても花粉が再び飛散する時期になると治療が必要となります。

そこで新しい治療法に注目が集まっています。
その一つとして、挙げられるものが「舌下免疫療法」です。

舌下免疫療法とは

まず免疫療法自体について説明します。
免疫療法とは、アレルギーの原因となる物質の成分を抽出精製し、低濃度から徐々に濃度を上げて、体内に入れていくことにより症状を緩和あるいは治癒させる治療法です。
「減感作療法」あるいは「脱感作療法」とも言われています。

従来はスギの成分を皮下注射することにより行われていましたが、平成26年10月からスギのエキスを舌下に垂らし、吸収させることで免疫療法を行うことが保険適応になりました。

舌下免疫療法のメリット
  • スギ花粉に特異的に反応を起こす方であれば、幼児から高齢者まで年齢を問わず治療できること
  • ショック症状を起こしにくいこと
  • 通院回数が減らせること

などが挙げられます。

舌下免疫療法の効果とは

舌下免疫療法により、約2割の方が治癒されます。
また約6割の方が症状の軽減を認めます。
しかしながら残りの約2割前後の方には効果が認められません。

舌下免疫療法の治療期間は

舌下免疫療法の治療には3年間を必要とします。
しかし、早ければ最初のシーズンから効果を実感できる方もおられます。

舌下免疫療法の開始時期と治療方法

スギ花粉の飛散が始まると、舌下免疫療法を開始できません。 ただし花粉の飛散が終われば、この治療を開始することができます。

なお、舌下免疫療法は原則毎日行うこととなります。
治療を中断すると、初めからやり直しになりますので、注意が必要です。

舌下免疫療法は、指定認可を受けた医師のみが実施できます。当院院長はこの認可を受けております。

治療は保険適用となります。

CLINIC INFOクリニック概要

クリニック概要

内科、呼吸器内科、アレルギー科

たなかがく内科クリニック

住所
東京都葛飾区東新小岩6-2-4
TEL
03-3696-3333
診療科目
内科、呼吸器内科、アレルギー科
アクセス
JR総武線 新小岩駅 徒歩約10分
京成タウンバス
【新小58】「上平井中学校」バス停より徒歩約3分
【新小53】「東須磨橋」バス停より徒歩約4分
新小岩駅、バス停からのアクセス方法はこちら
アクセスマップ
タップすると地図が拡大します
日・祝
9:00~12:30
15:00~18:30

受付時間【午前】8:45~【午後】14:45~
休診…水曜午後・土曜午後・日曜・祝日