高血圧|葛飾区新小岩の内科・呼吸器科|たなかがく内科クリニック

新小岩駅 北口より徒歩10分

tel. 03-3696-3333
  • 03-3696-3333

高血圧

血圧の高い状態が慢性的に続く

血圧の高い状態が慢性的に続く

高血圧とは、血圧がある程度の範囲を超えて慢性的に高く維持されている状態です。

心臓は血液を血管に送り出す際にポンプのように伸縮していますが、血液が流れるときに血管にかかる圧力が血圧です。
血圧には収縮期血圧(最高血圧)と拡張期血圧(最低血圧)があり、その両方の数値を測定します。

高血圧は、最高血圧が140mmHg以上あるいは最低血圧が90mmHg以上の場合を言います。
血圧の高い状態が続くと、血管壁が圧力によるダメージを受けます。
するとこの壁が厚くなったり、硬くなったりする動脈硬化の原因になり、狭心症や心筋梗塞、脳卒中、腎臓病などを招きやすくなるのです。

塩分の多い食事と運動不足などに注意

高血圧の原因は、まだはっきりと解明されてはいませんが、高血圧を発症している患者様の多くは「本態性高血圧」であり、遺伝的要因と食生活(塩分の多い食事)や嗜好品(タバコ・お酒など)の摂取過多、運動不足や精神的ストレスなどの環境的要因が重なって起こると考えられています。
一方、少数の患者様につきましては、特定の病気や薬物の副作用など、原因がはっきりしている高血圧(二次性高血圧)です。

減塩の食事と適度な運動に努める

高血圧は無症状のため放置してしまう傾向にあるので、健康診断などを通じて早期に発見し、適切な対策をとることが大切です。

もし可能であれば、家庭用血圧計を購入し、自宅で毎日測る習慣をつけることもお勧めします。

高血圧と診断されたら、生活習慣の改善から始めます。
まず行うべきは、適正な体重にし(BMI25未満)、適度な運動を継続的に行い、減塩(まずは即席麺や梅干し、塩鮭など塩分の多い食品を控える)に努めるなど、生活習慣の改善(食事・運動療法)をすることです。


また、医師から降圧薬などを処方されたら、指示通りにしっかりと飲むようにしてください。
一度薬を飲み始めたら、一生やめられないと思っている方もおられると思いますが、食事・運動療法の継続により症状が改善してくれば、薬の量を減らしたり、止めたりすることも可能です。

CLINIC INFOクリニック概要

クリニック概要

内科、呼吸器内科、アレルギー科

たなかがく内科クリニック

住所:東京都葛飾区東新小岩6-2-4
TEL:03-3696-3333

最寄り駅:JR総武線 新小岩駅 徒歩約10分 京成タウンバス
【新小58】「上平井中学校」バス停より徒歩約3分
【新小53】「東須磨橋」バス停より徒歩約4分

新小岩駅、バス停からのアクセス方法はこちら
アクセスマップ
日・祝
9:00~12:30
15:00~18:30

休診…水曜午後・土曜午後・日曜・祝日