花粉症|葛飾区新小岩の内科・呼吸器科|たなかがく内科クリニック

新小岩駅 北口より徒歩10分

tel. 03-3696-3333
  • 03-3696-3333

花粉症

花粉症とは

花粉症とは

花粉症とは

花粉症もアレルギー性鼻炎の一種です。
主に植物の花粉が原因となって、目の痒み・異物感・充血、涙、立て続けのくしゃみ、鼻みず、鼻づまり、などの症状を引き起こします。
なお、花粉はハウスダストなどが原因の通年性とは違い、一年中飛散しているわけではないので、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれます。

原因物質としては、スギやヒノキの花粉がよく知られていますが、これら以外にもアレルギーを引き起こす植物として、シラカンバ、ハンノキ、カモガヤ、イネ、ブタクサ、ヨモギなどもあります。

花粉症の症状

花粉症は、目の痒み・異物感・充血、涙、立て続けのくしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどの症状が現れます。
ひどい場合は、せき、喉や皮膚の痒み、頭痛、倦怠感、微熱、不眠、下痢、体や顔のほてり、イライラ感などもみられるようになります。
そのまま放置すると、肉体的にも精神的にもダメージを受けて意欲が低下し、生活の質(QOL)が大きく損なわれてしまうこともあります。

治療に関しては、抗原回避(アレルゲンを近づけない環境整備)と薬物療法が中心になります。
当院での薬物療法として、以下の方法を用いて治療を行っております。
有効な花粉症対策は、花粉が飛散し始める1~2週間前より抗アレルギー薬を飲み始めておくことです。

花粉症の薬物療法

内服薬
花粉の飛散が始まる(症状の出る)前から飲み始めます。
症状が出てから薬を飲み始めるのに比べ、症状が軽く済むことが多いというデータがあります。
とくに鼻みず、くしゃみが強いタイプの人には効果的です。
当院では眠くならず、効果の高い新しい薬もお出ししています。
点鼻薬
花粉症治療の効果が強く、副作用が少ないため、鼻づまりが強い人には、内服薬に加えて点鼻薬を併用します。
点眼薬
花粉症の4大お悩み症状に「目のかゆみ」や「充血」があります。
当院では患者様の目の症状に合わせた点眼薬の処方も行います。

患者様ご自身でもできる花粉症対策

室内
  • 布団は天日干しか、乾燥機を使う
  • 防ダニカバーを装着する
  • 干した後は掃除機をかける
  • 洗濯物は室内干しか、外に干す場合には、十分に花粉をはらう
  • 空気清浄機を設置する
  • カーペット、畳を避ける
  • 換気する
  • サシの結露をふき取る
  • フローリングなどは、ほこりや室内アレルゲンが床に落ちて溜まる朝のうちに、濡れ拭き掃除の後に掃除機をかける。窓際を特に念入りに
野外
外出時
  • マスクを着用する
  • コート、スカーフ、帽子を身に着ける
  • 表面がツルツルした素材の服を着る
  • めがねまたはゴーグルをかける
帰宅時
  • 衣服や髪についた花粉をよくはらってから家に入る
  • 洗顔、うがい、鼻をかむ
  • 点眼薬はぼうふざい無添加のものが望ましい
  • カップ式洗顔器具は避ける
  • 目がかゆい時はまぶたの上から冷たいタオルで冷やす

CLINIC INFOクリニック概要

クリニック概要

内科、呼吸器内科、アレルギー科

たなかがく内科クリニック

住所:東京都葛飾区東新小岩6-2-4
TEL:03-3696-3333

最寄り駅:JR総武線 新小岩駅 徒歩約10分 京成タウンバス
【新小58】「上平井中学校」バス停より徒歩約3分
【新小53】「東須磨橋」バス停より徒歩約4分

新小岩駅、バス停からのアクセス方法はこちら
アクセスマップ
日・祝
9:00~12:30
15:00~18:30

休診…水曜午後・土曜午後・日曜・祝日